ペットショップを卒業し、保護犬・猫の幸せを願うアニマルライフ2017/05/20

LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加
0og6st2ZZRZXFy9EaNmfDhhUqsbqykoc7F3WnkgmeczFPqUVjZkl4qlGgDsS

ペットショップを卒業したアニマルライフ(アーク)

 

 

 家族の一員としてペットを愛する人がいる一方で、問題視されているペット業界の闇。引き取り手のいない犬や猫の殺処分ゼロに向けて、自治体などでさまざまな取り組みが行われていますが、「引き取り屋」など新たな側面の問題も浮上し、闇の深さが浮き彫りになっています。

 

 不幸なペットの数を抜本的に減らす方法の一つが、生体販売をしないこと。千葉県で20年以上ペットショップを運営していたアークスは、2016年7月に生体販売と繁殖をやめ、保護犬と保護猫の里親を探す譲渡活動に力を注ぐ決断をしました。

 

 現在は動物愛護センターから引き取った犬猫たちの里親探しのほか、動物病院やペットホテル、老犬老猫ホームなどペット関連の施設を複合的に運営し、新たな生命を増やして販売するのではなく、今ある生命が長く幸せに生きられるように支援することで、千葉県の殺処分ゼロを目指しています。

 

 保護下にある犬や猫たちを家族として迎え入れる人が増えることで、近い将来、悲しい思いをする生命がゼロになることを祈りたいですね。

 

アニマルライフ

 

 

シェア する 幸せ で “しぇあわせ”
SHARE + SHIAWASE = SHAREWASE

 

しあわせならシェアしよう! http://sharewase.jp/

 

最新のしあわせニュースを読む

 

LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

シェアしたユーザー

書く