いじめに悩む子どもたちのためのマッチングサイトが公開2016/09/01

LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加
cS8Xqmuwked1cHHAL3l5zKNt4MKvD9rZW8mOBx6ZPvyIjc1XkZhFbuFACCYg

子どもたちの拠り所をつくる

 

 

 夏休みが終わり、小・中学校は今日から2学期がスタート。そして9月1日は、18歳未満の学生の自殺が一番多い日ともいわれているそう。

 

 そんな、いじめや不登校を誰にも相談できない子どもや、子どもの考えを理解出来ずに苦しむ両親に寄り添う場として、不登校・引きこもりをITから支援する「Marianne」は、不登校生のためのマッチングサイト「Clue」の提供を開始しました。

 

 サービス公開の背景には、不登校の子どもは、他人には心を開かなくても同じ経験をした元不登校生には心を開くという事例もあり、「苦しかった過去の思い出を、今悩んでいる子どもたちの役に立たせたい」という思いがあるようです。

 

 同サービスは会員登録することで、サイト内で相談したい元不登校経験者・カウンセラーを選択しメッセージを送ることができます。メッセージのやりとり自体は無料で、実際にその人と会う場合に限り有料なんだとか。もちろん「無料で相談に乗りたい」という人は、承諾を得ることにより無料で会うことも可能になっています。

 

 「不登校は面白い人生の幕開けだ」というキャッチフレーズのもと、ITの力を駆使して学校に行けない・行かないという選択をした子どもたちの決断を支援するサービスを多数展開している「Marianne」。同社は「Clue」を通して、いじめなどを理由に学校に行けなくなり、その結果、将来が不安になるという悪循環の改善を目指しているといいます。

 

 今求められているのは、学校に通うことだけが社会での生きる道ではなく、子どもの選んだ道を人生の選択肢の一つとして、受容してあげることなのかもしれませんね。

 

 

Clue
 

シェア する 幸せ で “しぇあわせ”
SHARE + SHIAWASE = SHAREWASE

 

しあわせならシェアしよう! http://sharewase.jp/

 

 

▼ 東北から熊本へバトン 東日本の震災復興支援団体が被災地にエール

 

▼ 新たな学校の選び方を創造する、進学SNSアプリとは?

 

▼ 最新のしあわせニュースを読む

LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

シェアしたユーザー

書く