【しあわせHACK】結局だれの仕事?言葉遊びに潜む人間のリアル2016/03/12

LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加
FbQvJbDTOsrCJIrTTSyCwfNj73qKYhegDCnnM1z5E8DtWw3I0BCzpuv15WY3

Who's job is it?

 

 受験シーズンもそろそろ終盤。苦手な科目に英語を挙げる人は多く、学習に遊びの要素を取り入れるなど、あの手この手で対策を投じているのではないでしょうか。

 

 今回は、そんな英語学習者にオススメのとある物語をご紹介。言葉遊びとして有名な「Who's job is it?(一体だれの仕事?)」という短い物語なのですが、シンプルな文法で構成されたやさしい構文とは裏腹に、とても深い人間模様が描かれていることから、哲学好きな人々の心を刺激し、世界で広く親しまれています。

 

 

それ、結局だれの仕事なの?

 

This is a story about four people named Everybody, Somebody, Anybody, and Nobody.
これは「みんな」「だれか」「だれでも」「だれも」という名前の4人の話。

 

 

There was an important job to be done and Everybody was asked to do it. 
とても大事な仕事があり、「みんな」がその仕事を頼まれた。

 

Everybody was sure Somebody would do it. 
「みんな」は「だれか」がやると思っていた。

 

Anybody could have done it, but Nobody did it. 
「だれでも」がやろうと思えばできたが、結局「だれも」がやらなかった。

 

Somebody got angry about that, because it was Everybody's job. 
「だれか」が怒った。なぜならそれは「みんな」の仕事だったからだ。

 

Everybody thought Anybody could do it but Nobody realized that Everybody wouldn't do it. 
「みんな」は「だれでも」ができたことだと思ったが、「だれも」は「みんな」がやらないと気づくことができなかった。

 

It ended up that Everybody blamed Somebody when Nobody did what Anybody could have done.  
結局、「だれでも」がやれたことを「だれも」がやらなかったことで、「みんな」が「だれか」を責めて終わった。

 

 

悪いのはだれ?

 

 巧みな言葉遊びで構成されているこのストーリーは、4つの代名詞を擬人化して展開されています。「みんな」「だれか」「だれでも」「だれも」は本来、特定の個人を示さない不定代名詞ですが、擬人化して役を持たせることにより、”大事な仕事”に対する責任が生じています。

 

 では、これは一体、だれの仕事だったのでしょう?

 

 「だれでも」は、その仕事をやろうと思えばできたけれど、指名して依頼されたわけではなく、結局やりませんでした。

 

 「だれも」は、直接仕事を頼まれていたわけではないのに、彼が何もしなかったことが原因のように物語は進んでいきます。

 

 この物語で最も責任が重いのは、名指しで仕事を依頼された「みんな」です。「みんな」は自分が依頼された仕事を「だれか」に責任転換し、自分がやらなかったどころか、仕事をしなかった「だれか」を責めたのです。

 

 ここで注目したいのが、自分が悪い訳ではないのに責任を押し付けられて責められた「だれか」や「だれも」の不運。少しかわいそうに思いますが、もし彼らが「みんな」に責任がある仕事を、代わりにやってあげたとしたら?

 

 

「みんな」は「じぶん」

 

 この物語は、「みんな」「だれか」「だれでも」「だれも」のどの役も、自分と置き換えることができる深い教訓を提示しているように思えます。「みんな」に依頼されたことは自分に向けられた仕事でもあり、「だれか」に課された責任は自分も一端を担っているのです。

 

 みなさんも、自分の周りで起きている問題や感じている課題に対して、その責任が「だれか」にあったとしても、「じぶん」のこととしてできることはないか、一度考えてみる機会を持ってみてはいかがでしょうか。そうすることで解決できる問題が増えれば、世界はよりハッピーになるかもしれませんね。

 

 

シェア する 幸せ で “しぇあわせ”
SHARE + SHIAWASE = SHAREWASE

 

しあわせならシェアしよう! http://sharewase.jp/

 

 

【しあわせHACK】生きづらさを覚えたら思い出したい6つの言葉 

 

▼ 【しあわせHACK】Siriから学ぶ、人付き合いの絶妙な距離感

 

最新のしあわせニュースを読む
 

 

LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

シェアしたユーザー

書く