「苗木 for いわき」プロジェクト

  • mqKEcsLhVlkWNIetKvMOdLc5SIwyQFDSVPXsmCumF3mNiManXycIvCD2jslL

    津波の被害を受けた福島県いわき市の海岸林を、市民の力で再生させよう!

    寄付金獲得総額4,437円

15ba718814f7f5103980ea8099800d64

応援して欲しいプロジェクト紹介

「苗木 for いわき」プロジェクト

 

福島県いわき市新舞子海岸の津波の被害を受けた海岸林を再生するプロジェクトです。

ボランティアの皆さんと整備作業を進めながら、寄付を財源に購入した、クロマツの苗木を購入、小学校等で育て、植林します。

 

苗木forいわき②

 

いわきのクロマツ復活に向けて

東日本大震災により、福島県いわき市も大きな被害を受けました。いわき市北部の美しい海岸林も、津波の被害を受け多くのクロマツが枯れてしまいました。

 

防潮林、防災林として、地域住民の生活や命を守る海岸林の再生に向けて、市民の力を集め取り組むプロジェクトです。再生のプロセスを、①被害を受けた海岸林を整備する、②植林するクロマツの苗木を育てる、③苗木と活動を資金的に援助するの3つに分け、それぞれのプロセスで多くの人々のご協力を得ています。

 

 

 

プロジェクト開始から、整備ボランティアには1,200人以上、小学校、福祉施設等苗木を育てていただくクロマツパートナーには73団体にご協力いただいております。

 

活動へのご寄付は、第1目標の300万円を達成することができました。現在は目標を上方修正し、いわき市の新舞子海岸の海岸林に、23,300本の苗木を植林することを目標としております。

プロジェクト概要

プロジェクト発足:西暦 2012年6月
活動種別:その他 環境再生

代表者の紹介

塚本 竜也

NPO法人トチギ環境未来基地理事長。大学では森林資源を専攻、大学卒業後、米国若者たちのチームによる長期間の環境保全活動のConservation Corpsプログラムに参加。

 

日本で同様の活動をつくることを目標に活動開始。現在は「若者」と「環境」を中心に、様々な活動を展開。震災以降、福島県いわき市で活動開始。栃木県若年者支援機構副理事長等兼務。公職は、栃木県社会貢献活動促進懇談会委員など。

メンバー紹介

NPO法人トチギ環境未来基地のスタッフ、ボランティアを中心に、多くの団体と協力し活動をしています。ボランティアの中心メンバーには、大学生など若者が多く活動をしています。

 

震災後設立されたいわき市のNPO、フクシマ環境未来基地や、いわき市で長く森づくり活動に取り組まれている、NPO法人いわきの森に親しむ会の皆さんと連携し活動しています。

活動中のメンバー人数

プロジェクトの主要なメンバー数:20名
ボランティアを含めた参加延べ人数:4,000名

団体概要

団体名
特定非営利活動法人トチギ環境未来基地
連絡先
〒321-4104 栃木県芳賀郡益子町大沢2584-1
TEL:0285-81-5373
FAX:0285-81-5373
メール:tochigi@conservation-corps.jp
ホームページ
http://www.tochigi-cc.org/
ブログ
http://blog.canpan.info/tochigicc/
facebook
https://www.facebook.com/TochigiCC/