CAN net

  • TvHtJCWkAVDUM7SjDub3q5CHgcQt8b31O3g2eSx9zaWTmO7q4OZnOjB4ZLn9

    病気になると、体のこと以外にも、心のことやお金ことなど様々な困りごとが起こり、普段通りの生活ができなくなりがちです。そんな心配ごとを、様々な専門家がそれぞれの専門知識を生かしてアドバイスいたします。

    寄付金獲得総額420円

eRsXn4r1FkE1nLYKBdI5rlMLlUbGcRGjWcIKWozJ5qLojwSH6Sgf3ulXr7Mc

応援して欲しいプロジェクト紹介

病気になっても自分らしく生きられる社会をつくる

 

「病気になっても自分らしく生きられる社会をつくる」を理念に、

CAN netでは、次のような方々に対して、3本柱の活動をおこなっています。

 

(1)病気で困っている人へ

 「病気になった時」のガイド・相談

 病気になると、体のこと以外にも、心のことやお金のことなど様々な困りごとが起こり、普段通りの生活ができなくなりがちです。そんな心配ごとを、様々な専門家がそれぞれの専門知識を生かしてアドバイスいたします。

 

(サービス・プロジェクトのご紹介)

 ◎がん・病気のガイド役 よろず相談窓口「がんコンシェルジュ」サービス(WEB)

 ◎病気のお役立ち情報を総まとめ 検索サイト「地域リソースマップColorful」(WEB)

 ◎病気のときに“美容”を処方する「美容相談会」(札幌)

 ◎コミュニティる〜む ぽっけ「茶話会」(旭川)
 

 

 

 

(2)ご自身の経験やスキルを活かしたい人へ

 ③「病気と共に」自分らしく生きられるサービス作り

 がん・病気になったときの困りごとが解決されたら、今度はその経験を活かすことで、より良い人生に変えていくことができる、新しいものが生まれると考えています。多様な視点を活かして、病気の経験や職業スキルを活かした新しいサービス開発をおこなっています。

 

(サービス・プロジェクトのご紹介)

 ◎病気になってもイキイキと働ける会社をふやす「企業100選 〜日本でいちばん大切にしたい会社 がん・病気編〜」(東京)

 ◎子どもたちの生きる力を育む「小中高生セミナー」(各地)

 ◎あなたの想いと先輩の知恵を届ける「お見舞いギフトブック」(東京)

 ◎病気になってもキレイ・元気・笑顔で「美容イベント」(札幌)

 

 

 

 

 

 

 

 

(3)病気や「生きる」ことについて学びたい人へ

 「病気になる前」の学び場作り

 各地で定期的に、がん・病気を通じて「生きる」を学ぶ「キャンパス(CAN path)」や「美容相談会・美容セミナー(札幌)」、「ぽっけミニセミナー(旭川)」を開講しています。ここでは、がん・病気の経験者や各分野の第一線で働くプロフェッショナルが講師になるなど、みんなで知恵や経験を持ち寄って学びを深めています。

 

(サービス・プロジェクトのご紹介)

 ◎社会人が「生きる」を学ぶ場「キャンパス(CAN path)」(各地)

 ◎がん・病気になっても笑顔で元気に生きていく「美容セミナー」(札幌)

 ◎コミュニティる〜む ぽっけ「ミニセミナー」(旭川)

 

 

 

 

代表 杉山絢子 のメッセージ

 

「病気」と向き合う中で、

人生に必要な沢山のことを学ぶきっかけに。

 

 あふれんばかりの情報やサービスがあるのに(あるからこそ)、今の世の中を生きていくのはなかなかしんどいことも多いように思います。「病気」になった時、さらにそれは顕著に感じられるかもしれません。「病気」は特殊なものではなく、誰もが人生の中でいずれ向き合うことのあるものです。「病気」は必ずしもネガティブなものではなく、向き合う中で、人生に必要な沢山のことを学ぶきっかけにもなります。病気の経験をスキルとして社会に還元できる仕組みがあったらいいな、また、病気とは直接関係がなくても社会人が本業では活かしきれていないスキルや経験を活かせる場所があったらいいなと思い、CAN netの活動を始めました。仕事ともプライベートとも違うもう一つのコミュニティで、学び、気づき、アクションを起こしていくことで、関わってくれる皆様が活き活き輝いている姿をみられることが嬉しいです。一人ひとりの使える少しずつの時間を集めて、病気があっても、なくても、「自分らしく生きられる個人を増やし、自分らしく生きられる社会」を目指していきたいと思います。

 

 

参加方法

病気になっても「CAN(できる)」なアンバサダー(親善大使)という意味をこめて、CAN netの理念に共感してくださる方を、“キャンバサダー”と読んでいます。お気軽にお申し込みください。
 

 

 

プロジェクト概要

・理念:病気になっても自分らしく生きられる社会をつくる

・設立:2013年6月

・活動地域:旭川、札幌、東京

 

代表者の紹介


杉山 絢子

1977年北海道旭川市生まれ。10代で潰瘍性大腸炎を発症。

医学生時代に父を肺がんで看取る。

現在札幌で腫瘍内科医として勤務する傍ら、CAN netの代表理事をつとめる。

医学博士、がん薬物療法専門医。

 

メンバーの紹介


・スタッフ:63名(2016年2月現在)

 全員本業とは別に“二枚目の名刺”としてボランティアで活動で関わってくれています

 

(スタッフの内訳)

 医療系:医師、看護師、薬剤師、理学療法士、言語聴覚士

 介護福祉系:介護福祉士、社会福祉士

 心理系:臨床心理士、カウンセラー

 法律系:弁護士、行政書士、司法書士、社会保険労士など

 美容系:美容師、メイクアップアーチスト

 お金系:ファイナンシャルプランナー

 動物系:獣医師、動物看護師

 企業人:大手企業(人事、IT、日用品、電機、金融など)、中小企業

 病気経験者やその家族:疾病はがん、自己免疫疾患、心臓病、内分泌疾患など

 

団体概要

団体名
一般社団法人 CAN net
連絡先
〒101-0047 東京都千代田区内神田1-16-4
TEL:050-3786-7377
メール:office@can-net.jp
ホームページ
http://can-net.jp/
ブログ
http://can-net.jp/blog/
facebook
https://www.facebook.com/cannet2013/
Twitter
https://twitter.com/CANnet_official